ページ

2013年12月31日火曜日

筒井康隆 巨船ベラス・レトラス

この間、駅のキオスクでそれほど期待せずに買った一冊だが、期待以上だったのです。

「高貴で難解な・・・」というキーワードが心に残った。この本自体は難解ではないんだけどね。高貴で難解なゴム草履、高貴で難解な雑巾・・・。

キャサリン・アン・ポーター「愚か者の船
テリー・サザーン「怪船マジック・クリスチャン号
筒井康隆「大いなる助走
バルザック「幻滅」